イメージ算数ってどんなことすんの~?な、第二弾です。
今回は、ネットで適当に拾ってきた問題をやってもらいました。



白ぬこと黒ぬこがいます。合わせて290匹います。白ぬこの3/7(7分の3)と、黒ぬこの2/3(3分の2)が女の子で、女の子は全部で155匹います。黒ぬこは何匹いますか?


166.jpg


この問題は、鶴亀算と和差算の複合だそうで。解き方を見てみましたが???でした…(;´Д`)ァゥァゥ はっきり言って、絵を描いて解いた方が断然ラクです。


で、すけさんのやり方ですが


□□□□□□□
▲▲▲
=290

女の子:□□□▲▲=155
男の子:□□□□▲=135

↑を出してから女の子を4つ描いて、男の子を3つ消す方法で解いております。

□□□□□□□□□□□□
▲▲▲▲▲▲▲▲
=620
□□□□□□□□□□□□
▲▲▲
=405

▲▲▲▲▲=215
▲=43

▲×3=129


※途中にあるワケわかめな数字や絵図は、間違いなのでキニシナイ(゚ε゚)



元の問題が「つるとかめ」でしたが、我が家では「ぬこ」にした方が、すけさんの喰いつきがいいので変えてあります。輪郭だけの絵で、丸顔と細めの顔のこは、もょもととアイリンを描いています。(もょもとはタヌキ顔、アイリンはキツネ顔)ぬこの顔の?は、かわいいぬこが描けないからだそうでw

だから、これは鶴亀算ではなく


ぬこぬこ算♪



さて。突然リニューアルした当ブログですが。どんぐりをやめて新たに始めるイメージ算数ってなんですかぁ~?ってなことで、早速すけさんに実践してもらいました。



<6MX39>
河童のガッパ君とアッパ君が自分達の畑に水撒きをしました。ガッパ君1人だと水撒きが30分、アッパ君1人だと1時間半かかります。今日は、ガッパ君と同じ水撒き能力の有るガッパ君2とアッパ君と同じ水撒き能力の有るアッパ君2が手伝ってくれる事になったので、4人で同時に水撒きをします。では、9時50分のチャイムと同時に水撒きを始めると何時何分何秒に終わるでしょう。



165.jpg



ガッパ君チームとアッパ君チームが、水撒きの領土を争っています。ガッパ君チームがアッパ君チームの領土を侵犯しているので、アッパ君達が怒っているそうです。


とまぁ 一体、今までとどこが違うの??? 的な
仕上がりとなっておりますw


しかし、どんぐりにどっぷりハマっていた頃と親の心構えが全く違います。すけさんは絵や図を用いて問題を解いているつもりですが、実際はできていないことが多くて常にモヤモヤしていました。今は、情報を整理するという絵だけでも描ければいいってスタンスです。式はあった方がいいけれど、別になくてもいっかー。小脳だの大脳だの中濃(←我が家はブルドック)だのソース系の話にも触れることはないでしょう。高望みは致しません。進化ガー進化ガーと拘ることなく、親子でのんびり過ごしていきたいと思います。



さよなら、さよなら、さよならっ!@日曜洋画劇場






てなワケで(←どういうワケだか) どんぐりやめます!!






あ、今日は4月1日だけど、ネタではなくてマヂですw



このブログは「どんぐりだけで学校の勉強も大丈夫!」と仰るブログが多い中「ダイジョウブじゃない子もいるんですが、何か?」こんな実例を知ってもらいたいという趣旨でヒッソリと始めました。節目ごとに「学校の勉強は… やっぱりダイジョウブじゃないです…」という報告を書いていましたが、それが「どんぐりやってても、できませ~ん」と、この書き方はちとマズいかなぁと思いつつ、どんぐりをディスる感じになってしまいまして。このことに対し「基本を守っていれば進化しないのはありえない。そちらのやり方に原因があるのでは?」というご指摘を頂きました。
(正直、どんぐりと学校の勉強とは別物だと思うけど)確かに基本通りにはやっていないので、その点を突っ込まれると何も言えまへん。絵図で考えて問題は解いていないし、デンタ君には世話になったけど、三角視算表は見るのを嫌がったので挫折。単位換算表は覚えることが無理っぽいので存在すら教えず。途中の計算式とかは書けないし、命の縦線もスルー。環境設定とか改善する気ナシ(痛)

それならば「どんぐりやってます」という看板を下ろした方がいいと判断しました。これで、このブログも静かになるでしょう。

すけさんはどんぐりの問題はクロッキー帳には張らず(印字するのがめんどかった)どの問題をやったのかをパソコンで管理していましたが、分からん帳問題を除いてデータを全て消去しました。これでEX Roomへのこだわりもなくなりました。



さて、これからのことですが。まずは、すけさんの残念すぎる学力を何とかしなくてはなりません。かといってウチは極貧家庭。塾や家庭教師といった外注にお願いするということもできません。そこで


http://keishinkan.jp/

http://www.koshin-gakuin.jp/


この二つの塾のブログを参考に「イメージ力を養い、絵や図を用いて自力で問題を解く」という学習法に切り替えます。取りあえず名前がないと不便なのでイメージ算数という、そのまんまなネーミングにしましょうかw使用する教材ですが、どんぐり問題(お金を出して購入したんだし、利用はする)だったり、ネットに転がっている問題をやる予定です。塾のやり方を全てマネするのは、すけさんの学力的にはしんどいと思うので、その辺りはゆっくりとできるところからやればいいかな。



どんぐりという縛りから解放されてスッキリ♪



今月末の上進式でボーイスカウトのボーイ隊に上がるすけさん。今年は4年に一度の日本ジャンボリーが石川県で開催されるので、ボーイ隊に上がったら参加したい!と思っていましたが、定員オーバーのため参加不可に…orz

野営訓練をしていないので普通は無理なのですが(はっきりいって足手まとい)当初は参加人数が少なかったため、ボーイ隊に上がったばかりの子でも行けるかもよ?という話が出てきたので親子でワクテカ☆彡しておりました。参加費用は8万円と、ど貧乏なめいじばぴらす家にはキツい出費でしたが、正月休みに短期のバイトをして何とか工面し、あとは申し込みだけという時になって参加希望者が一気に増えたという。。。

次の日本ジャンボリーだと、すけさんは高校1年。ボーイ隊は中3までで、その後はベンチャースカウトになります。そこまで活動しているかなぁ。



<6MX93>
フンボルト族とマゼラン族でできているペンギン会社で1000 匹の社員に陸上旅行の経験を聞いたところ、合計390 匹が経験があり、フンボルト族の中では25%、マゼラン族の中では60%が経験していた。では、今回調査したフンボルト族とマゼラン族は、それぞれ何匹だったのでしょうか。


163.jpg


164.jpg


答えは合っているけれど、残念ながら数字の当てはめとなってしまいました。とか言いつつ、めいじばぴらすもこの問題は絵では解けず、方程式で解いてしまったのでエラそうなことは言えません…(汗)


すけさんにやり方を聞いてみたところ

★旅行経験のあるマゼラン族が60%ってことは、マゼランは60で割り切れる数のハズだから、初めに分かりやすい60人でやってみた。
そうすると、フンボルト族は330人。フンボルトの経験者が25%だから×4をすると1000を超えるので×。

★次にマゼランを180で仮定。
フンボルトは210で、×4で840。840+180は1000を超えるので×。

★その次にマゼランを240で仮定。
フンボルトは150で、×4で600。マゼランの240を6で割って40。40×10で400。
600+400=1000でビンゴ!

という流れでした。数字の当てはめではもったいない問題なので、来年の今頃に違ったやり方で再挑戦してもらいたいです。

ちなみに、旅行に行った390人は神で、行かなかった610人はクビだそうです。



学期末なのでテストが大量に返ってきました。相変わらず低空飛行なのですが、(ノ∀`)アチャーすぎる間違いがコレ↓



@2学期まとめテスト

★どちらが大きいでしょうか。□にあてはまる不等号を入れましょう。

3.5×0.9 □ 3.5    3.5÷0.5 □ 3.5


~ すけさんの答え ~


3.5×0.9 > 3.5    3.5÷0.5 < 3.5



@3学期まとめテスト

★どちらが大きいでしょうか。□にあてはまる不等号を入れましょう。

6×0.9 □ 6    6÷0.2 □ 6


~ すけさんの答え ~


6×0.9 > 6    6÷0.2 < 6



・・・・・・・・・・・・・。



以前、とあるどんぐりのブログに
「掛算の意味が分かっていない子がいる。1よりも小さい数を掛ければ、元の数より小さくなるのは計算しなくても分かるのに、理解できていない」

↑このような内容でして「どんぐりをやっていれば、そんなことないのに…」ってな感じで記事のまとめをしておりました。

そのブログを読んだ頃はすけさんも低学年だったし、めいじばぴらすも「うんうん。絵を描いてやっていれば、ちゃんと理解できるよねー」と共感したのですが、今回のすけさんの間違いを見て思ったこと。


すんませんっっ!!
どんぐりやってても、理解できない子はできないっすっっっ!!!




<EX003>   
ペッタくんの学級では、リサイクル活動として大小2種類のペットボトルを集めることにしました。 ペッタくんがリサイクルについて調べると、ペットボトルはボトルロケットの材料になり、ボトルロケットを1機作るためには、小さなペットボトルなら25本必要で、大きいペットボトルなら 10本必要でいいことが分かりました。 また、ペッタくんの学級が集めたペットボトルは大小合わせて205本でした。これはちょうど ボトルロケット10機分になりました。 では、集めた大小2種類のペットボトルのうちの小さいペットボトルは何本だったのでしょう。



162.jpg



あー、もう、すけさん。
そこは「たすけてー」じゃなくて



ボスケテ って書くんだよ!



ボス 決して走らず急いで歩いてきて そして早く僕らを助けて。。。



プロフィール

めいじばぴらす

Author:めいじばぴらす
~ 登場人物 ~
すけさん@小6男子
もょもと@黒ぬこ♂
アイリン@白ぬこ♀

ふしぎなぼうしを落とすまで
メイジバピラスを狩り続けます。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム