スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@3年の学業ついての感想

3年生も大きなトラブルはなく、病気もせずに1年間楽しく学校に通いました。これで3年連続皆勤賞です。小学校生活の半分をこのように過ごせたので、高学年になって何らかのトラブルが発生した場合、心置きなく休ませることができます。何も起こらないのが一番ですが、こればっかりは分かりませんしね。

3年の担任の先生は、宿題制限は一応理解してくれましたが、途中から算数の宿題はクラスメートが丸付けをするなど少しずつ方針が変わっていきましたので、トラブル防止のためにマシーンが出動しました。ドリルの問題だけでなく図や絵まで写さなければならない(←超面倒)ので、すけさんの字をマネながらサッサカ書きましたら

「もっと字はていねいに!」
「ひっ算の線は、じょうぎを使って!」
「(答えの枠は)はみださない!」
「図はちゃんとかいて!」

採点した子供からは、赤い文字でわざわざご丁寧な忠告が
毎度毎度毎度毎度っっ!!書かれてありました。もうね。小姑並みにチェックが厳しいんです。「めいじばぴらすさん!ここにホコリが残っていますことよ」みたいな(苦笑)


76.jpg


↑こんな感じ。。。


◆国語
漢字の書きはダメダメだが、読みの方もかなり怪しい。3年から始まったローマ字は読み書き共に全滅。親も教えるつもりはないけれど。読解力なんかまるでナシ。文章を書く能力も皆無で、先生の添削は「意味が分かりません」と書かれるほど。
学校のきまりを振り返えるレポートがあるのですが、「次はがんばりたいです」など、無難な言葉を書けばいいのに「この分だとスッキリしたと思った(原文のまま)」とか。。。もうね、親の方も意味ワカンネ。

◆算数
時間の筆算、2桁×2桁以上の掛け算で爆死。余りある割り算、小数の計算、桁数の多い計算でコケまくり。単純な計算はダメでも、文章問題ができていれば「さすが、どんぐりっ子!」みたいな心の救いがあったかもしれないが、すけさんに限ってはそんなことはなかった…(遠い目)

◆理科・社会
実験や観察、見学などで「積極性がなく、やる気が感じられない」とのことで評価はイマイチ。ま、テストの点も良くないけどさ。騒いだりして授業を妨害しない分、まだマシなのかもしれない。

はぁぁ。書いてて鬱になってきた('A`)


そういえば、今どきの小学校は小3でも音楽のペーパーテストがあるのですね。めいじばぴらすの時代は高学年になってからだったような。その音楽のテストで↓こんなのがありまして。


77.jpg


どんぐり掲示板の過去ログに「どんぐりをやっていると、絵も上手くなるんですよ~」なんてのを読んだ記憶があるのですが、すけさんの画力は果たして上がるのでしょうか?

ちなみに、これはドラムだそうで。

そっかー。ドラムだったのかー。すけさんが通っていたヤ○ハのお店の入り口にあったね。
おかーさんは 新種のキノコ かと思ったよw



3学期に入ってすぐにやった漢字検定のテストが返ってきました。


74.jpg


2学期にやったテストを見た時「そう遠くない未来に、0点のテストを見ることができるだろう…」と予想はしていましたが、ずいぶんと早いお目見えになりましたヽ(゚∀゚)ノ

テストを見ると、時間がなくてできなかったワケではないようです。また「こんなテスト、やってらんねー」と、反抗したワケでもなし(爆)

この点数は
正々堂々と、自分の持てる力を100%出し切った、真の実力

ちなみに、すけさんの漢字の宿題はイメージフィックス法で1文字だけです。って書くと「IF法をディスってんの?」とか言われそうですがww
そうではなくて、どんぐり倶楽部のIF法を紹介したページにも

頭の中で再現したものを書くときに保持しておかなければなりませんので、小3以上の安定した視覚イメージ再現・保持ができる時期から始めるのが最適です。

とありますので、この結果は妥当でしょう。

で、問題はここからでして。ゆっくり組のすけさんが「いつ視覚イメージ再現・保持」ができるようになるか。いや、今でも少しはできているんだろうけど(何とか書ける漢字もあるから)それが「いつ安定するか」
すけさんを見ている限り、小4ではまだまだ無理っぽい気がする。小5くらいから安定してこないかな(願望)

じゃぁ、それまでにやったIF法は無駄?ってことになりそうですが、これはこれで(我が家にとっては)重要だったりします。何故かというと、新たな担任の先生に宿題制限を認めてもらうための実績になるからです。小4から「先生!すけさんの漢字の宿題ですが、塗り絵1文字でやらせて下さい!!」って言っても「はぁぁ?塗り絵ぇぇ?」となりますが「小1~小3までの担任の先生にお願いしてきましたやり方で、引き続きお願い致します」って頭を下げれば「3年間も続けているのなら、まぁいいか」と話がスムーズにいくハズです。この交渉材料があるとないとでは大違い。

まぁ、これからどうなっていくのかが見物ですw



2桁×2桁、3桁×2桁のかけ算で、思いっきり躓いているすけさんです。
朝学でやってくるプリント、授業中にやっているノートを見ても間違いだらけっス。。。

(どんぐり問題以外の)分からん帳の作り方で「低学年のうちは、そんなに分からん帳に貼る問題も少ないと思いますが…」とありましたが、一体何の話でしょうか?分からん帳、大活躍ですよっ!!



67.jpg



朝学のプリントだと、間違えた問題は再度やり直してから丸付けをしてもらうみたいで、どれほど間違っているのかが視覚的に分かりづらいのでノートの方うpしました(苦笑)あ、親は分かりますよ。だって、消しゴムの跡がバッチリ付いていますからww

今日はボーイスカウトの集会で、すけさんは家にいないのですが、お友達が遊びに誘ってきてくれました。すけさんなら、いつも暇だと思ってくれてるみたい(笑)ありがた~い。



学期末なので、大量のテストが返ってきました。

今年の担任はテストはまとめて返却するタイプで、間違いは学校で直して持ち帰らせるので、いつ、どんな風に間違えているのかが分からないのが難点です。ですが、100%こちらの都合のいい先生なんていないでしょうから、多少のことは目をつぶります。

さて、テストの点数を見ますと、国算理社40~70点の間といったところでしょうか。80点以上なんて1枚もないです。小3でこの点数は、はっきり言ってデキの悪いグループに所属していると思います。まぁ、すけさんは精神年齢が1~2歳低く、設問の意味が読み取れない→トンチンカンな解答のオンパレードですから、気長に成長を待とうかと思っております。って、成長しても変わらない可能性大ですが(汗)


今、すけさんがすんごくハマっている本が「ほねほねザウルス」シリーズです。ゾロリなんか目じゃないです。で、中身をチラっと見ましたら…

ゾロリよか文字が大きく、文章が短く、絵が多い。。。密林のレビューを見たら「小さい子にも理解しやすいように設定されているからか、内容は、小学校中学年くらいになると物足りないかもしれません」

いやいやいやいや。中学年で大ハマりのお子ちゃまがココにいらっしゃいますぜ(爆)

この様子を見る限り、すけさんにとってはゾロリすらハードルの高い本だったのかと思い知らされましたw



先週、すけさんの学校でマラソン大会がありました。走ることしか取り柄のないすけさんは1位でした。

体育でマラソンの練習が始まった時に「家でもマラソンの練習がしたいな~」なんて言い出してきたので
「すけさん。子供がマラソンの練習をたくさんすると、かえって足が遅くなるよ。学校でみんなと走る分だけにしなさい。速くなりたかったら、友達と鬼ごっこで遊べばいいし」

「いつも鬼ごっこで遊んでるよ」
「そっか。じゃぁ、たくさん遊んでおいで」


どんぐりを始めた頃にスキャモンの発育曲線について検索して、たまたま小学生のマラソンの指導のページに流れ着きました。
そこには「マラソンの強い子を育てるために、小学校の低学年のうちから長距離の練習をさせていたら、小学生のうちはバツグンに速かったが、中学、高校になったら全く伸びなくなってしまった…」
こんなことが書いてありましてね。めいじばぴらすは「あれ?コレってどこかで全く同じ内容を読んだような(笑)」で、「小学生がマラソンで速くなりたかったら、スピードを高める方が重要。ダッシュの練習をすればいいけれど、そんなことよりも、鬼ごっこをした方が何倍も楽しいし、スピードもつく」

そういえば、すけさんが近所のサッカースクールの体験に行った時の、一番最初の練習メニューが鬼ごっこでした。何でも、スピードと判断力を鍛えるとかで。これは、子供だけでなく大人も一緒のメニューでした。

う~む。まさか、思考力にしろマラソンにしろ
それらの能力を鍛えるのに鬼ごっこ最強だったとはw



プロフィール

めいじばぴらす

Author:めいじばぴらす
~ 登場人物 ~
すけさん@小5男子
もょもと@黒ぬこ♂
アイリン@白ぬこ♀

ふしぎなぼうしを落とすまで
メイジバピラスを狩り続けます。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。