FC2ブログ

GWは、めいじばぴらす家は例によってどこにも行かずに、あっさりと終わりました。すけさんは、遊び相手を何とか見つけて遊んでいたようです。しかし、この「遊び相手を探して彷徨う」という行動がどうやら「母子家庭の放置子」と見なされているようで(子ども会の集まりで、すけさんと同じクラスの女の子のママさんがボソっと教えてくれた。もっとマイルドな言い方だったけど…)恐れていた懸念が現実のモノとなってしまいました…orz

正直、めいじばぴらすもどんぐり倶楽部を知らなかったら「いつもフラフラ遊び歩いていて、この子は放置子?」って思いますもん。どんぐりを知って「大人の干渉のない、子どもだけの自由な時間」の大切さを痛感したからこそ、すけさんを自由に遊ばせているワケで。もちろん、朝早く家に突撃したとか夜遅くまで居座ったとか、おやつをクレクレとか、携帯ゲームやカードゲームでトラブったとか、相手の方がモロにドン引きするようなことはしていませんが、親の知らない細々した悪さはしてるんだろうな。自分も子供の頃はしていたから(爆)

あー、子供を管理することができたら何てラクなんだろう。子供が親の目の届く所にいて、子供の行動を逐一にチェックして、悪さをしたら「コラ!!」って怒って。そうすれば、誰にも迷惑をかけず、親は誰からも白い目で見られることもナシ。それができなかったら、塾や習い事に入れて他の大人に管理してもらう。

うん。子供の立場からしてみると、息苦しいことこの上ないね。

運動会の時に、すけさんと遊んでくれている子のご家族に「いつも遊んでくれて本当にありがとうございます。もし、ご迷惑をおかけしましたら、こちらにご連絡下さい」って、頭を下げ下げご挨拶に行かないと。。。



<5MX01>
今日はカタツムリのムーリー君の誕生日です。今年は大好きな紫陽花の葉2枚と、輝く雨の滴6滴が買える280円の商品券3枚と、同じ紫陽花の葉4枚と輝く雨の滴5滴が買える350円の商品券2枚をもらいました。この商品券の金額からの紫陽花の葉1枚と輝く雨の滴1滴の値段を考えてみましょう。


83.jpg


GW最終日。よせばいいのに、他所様のブログで5MX01の話題が出ていたので「今度こそっ!絵で解くんじゃあぁぁぁぁっっ!」みたいな感じでやらせた問題。で、すけさんはそんな親の想いを嘲笑うかのように、10分もかからずにササっと解いてしまいました。お得意の当てはめで。。。(ぐふっ)でもね。すけさん自身は「言われた通り、絵を見て解いている」んですよ。280円と350円を表している絵をね。無意味な計算は一切していなくて、じーっと絵を見比べて「初めは5と4だと思ったけど入らないから、5と3でやったら入った」

桁数が上がればこの技は使えなくなるから、今度こそほっとこう。



スポンサーサイト

コメント

No title

めいじばぴらす様

GW、すけさん君は彷徨ってたのですね。
我が家はGWは帰省していたのでさまよいませんでしたが、
同じ立場なら、誰かいないかとウロウロしていたことでしょう。
お近くにいてくださればいいのに。

5MX01を10分でさくっとですか〜。
我が家の小5は4MXがダメダメで、環境設定見直し中です。
どんぐり問題って、本当に、思考が見えますね。

カードゲームと漫画が多いのです。
リビングのテレビは捨てましたが、カードと漫画、どうするか。
禁止したり、隠したりは簡単ですが、5年生、やはり話してみて…
と、どんぐり系の話をしたのですが、あるときぼそっと
母さんは話が長い どんぐりのやり方でいいのかどうかもわからないのに
と言われました。確かに。

めいじさん、めちゃくちゃはまってるものの禁止ってどう思われますか。
糸山先生は、重症、カードがある限り前進はない です…とのこと。

カードを週末だけという約束を4月初めにしましたが、
なかばには、友達とバトルしたいから月に8日にして、
5月がもうやむやという結果でした。

わたしは、親の環境設定を見直して、
カードはとりあげるのではなく、減らす。
親が改善し、子は痛みを伴わない方法はないかと
減らす方向で考えたのですが、結果、うまくいっていません。

禁止がいいのでしょうか。
めいじさんのご意見教えてください。

どんぐりを知っているから
TV、DS、スマホ、宿題、習い事、これをやめているけれど、
次から次に悩んでいるのに、
これらをしている世のお母様方は、どうしてるのでしょう。






No title

ちゃちゃぽむさん

5MX01の問題は、絵を描きながらアレコレ悩むことで思考回路が増える絶好の機会だと思うのですが、それを潰してしまった感が拭えません。来年の4月まで寝かせておべきでした。解ければいいってモンではないことを本当に痛感しました。

糸山先生にご相談されたのですね。作品の添削をお願いしたのでしょうか?重症と判断されたのなら即、カードゲームを破棄したいところですが、友達関係が絡んでくるのでそうもいかないですよね。ただでさえ普段の遊び友達の確保が難しいのに、カードゲーム禁止だと友達がいなくなりそうで…
そうなると、本人にカードゲームを続けることの危険性を認識させてフェードアウトさせるのが一番なのですが、残念ながら書き込みを読んだ感じでは、ちゃちゃぽむさんが説得するのは荷が重いかもって思いました。

「母さんは話が長い どんぐりのやり方でいいのかどうかもわからないのに」
確かに。

↑この「確かに」という言葉が、どの部分にかかっているかで話がかなり違ってきます。「母さんは話が長い」だったら問題はないのですが「どんぐりのやり方でいいのかどうかもわからないのに」でしたら、残念ながらすでに手遅れになっています。息子さんがどんぐりを始めて2年ですよね。この2年間で、宿題やら家庭学習やら習い事などをやらないで、のんびりと過ごすことを覚えてしまった9歳以上の子供に「どんぐりのやり方だとダメだから、普通のやり方に戻そう」って言っても今さら無理ですって。どんぐりを卒業した子が中学生になっても相変わらずのほほんとしていて、スパルタ学習になかなか移行できない現実が物語っています。
毎日コツコツとテストの点を取るための課題をこなす習慣はなく、かといって思考力は育っていないマイナスだらけの状態。ようするに、ここまで来たら後戻りできないんですよ。止めてもいけど、恐らくどんぐりを続ける以上に茨の道が待っています。残された2年間、親子で腹を括って突き進むしかないのではと思います。

で、カードゲームの危険性を説く段階に入りますが、ここは第三者の方に頼んだ方が息子さんの心に響くと思います。一番いいのはどんぐりを導入している塾の先生に見てもらうことですが、まぁ、近くにないのが殆どでしょうから、ここはアルス先生の添削教室に申し込んで「たまの娯楽以上に、カードゲームの世界にのめり込むのは本当に危険」と、息子さん向けのアドバイスをもらうようにお願いしたらどうでしょう?また、カードゲームで遊ぶ回数を月8回と決めたのなら、冷蔵庫とかに表を貼ってに可視化を図り、保管がどうなっているかは分かりませんが、家では親が預かって子供には触らせない。その代り、平日でもOKとする。8回超えたら後は何を言っても頑として受け付けない。息子さんには「今月の遊び回数の限度がきたから、カードゲームで遊ぶことはできない」と、友達関係を壊すことなくソフトに断れる理由が言えるようにする。それくらいはしないと、難しいかなって思います。


>これらをしている世のお母様方は、どうしてるのでしょう。
宿題や習い事は、ルーチンワークとして組み込まれているので特に問題はなく、娯楽に関しては表立っては言わないのですが、例えば中学受験で難関校を目指すご家庭などは、やはりそれらは制限していますね。中受ブログを見る限り。まぁ、そういう子は小さい頃は習い事で忙しく、大きくなったら勉強で忙しいのでやってる暇がないだけですが。遊ばせても大丈夫だった~なーんて話は鵜呑みにしない方がいいです。

それにしても、カードゲームってそんなに影響があるのですね。カードゲームが持つ世界に全ての感情がどっぶり入ってしまうのがよくないのかな?そういえば、本の読み過ぎも仮想現実に居る時間が長くなるからダメってありましたよね。現実の世界が面白くないから、仮想世界にハマる。最近のすけさんも漫画ばかり読んでいますので、ここらで自然に触れさせて現実世界に連れ戻さないとって思いました。

No title

めいじばぴらす様

お返事、アドバイス、ありがとうどざいます。

「確かに」、は前者で、「話が長い」にかかっています。
ご心配かけました。親の覚悟はできていますので、突き進みます。

4年生の終わり頃息子のどんぐりを解く感じがおかしいと感じたので
「環境設定はしているつもりなのになぜ進化しないのか。環境設定しているお子さんの進化している例ばかり…と感じる、環境設定しているにになかなか進化しない子へのメッセージが欲しい」と糸山先生にメールしました。「カードゲームが原因ですよ」と しっかり返信を下さいました。正直、私自身がデジタルゲームではなくアナログなら良いのでは、と思って内容を精査せず容認していました。私の勉強不足でした。

カレーンダーに丸つけ法など試したのですが、なかなかうまくいかずの現状です。
第三者のアドバイスを頼んでみます。

めいじさん、いつも前を向けるアドバイスをありがとうございます。
すけさん君の子育てが落ち着いたら、
どんぐりのお教室でもなさったらいかがですか^_^

以前アドバイス頂いた、再テスト免除のお願いについて、
先生からその後の連絡は何もなく、息子に聞くとまだ再テスト自体ががないらしいです。
4月は新学年始まってバタバタ、5月は運動会の練習でバタバタで
先生も再テストの余裕がないのかな、という感じです。
まぁ、再テストに関してはなくてラッキーなのですが、
先生に余裕がないのが理由ならばそれはそれで心配です。

昨日息子が、教科書ってなくなるらしいよ、とデジタル教科書のことを
学校で聞いてきたみたいです。今年の学年主任がICT教育に熱心な感じで、
これが加速したら困るなと思案しています。





No title

ちゃちゃぽむさん

よくよく考えれば、テレビも片付けて環境を整えている方に「覚悟が足りない」なんて、おもいっきり上から目線ですね。失礼致しました。このように、人に対してアドバイスを行うのは大変難しいので、どんぐり教室なんて絶対に無理です。そもそも「ゆっくり組」専門のどんぐり教室なんて人が来ないでしょう(爆)

息子さんには「方針がブレてしまってごめんなさい。どんぐりも専門の先生に見てもらうことにしました」って謝りながら、且つ「どんぐり1本で突き進む」ことを宣言して退路を断てば、子供なりに考えてくると思います。やはり、謝ることがポイントかなぁ。親が謝ることによって子供のガードが下がる感じです。ウチは、方針がブレると謝りまくります(苦笑)

再テストの件は、先生が何も言ってこなければラッキーなのでそのまま放置でいいと思います。が、2学期以降に「やっぱやります♪」なーんてことがありますのでご注意下さい。ウチは、2年、3年とやられましたからww

ICT教育はイヤですけど、時代の流れでしょうがないですかね。紙の教科書がなくなるのはまだまだ先でしょうけど、便利な部分もありますから。実は、すけさんも多少の恩恵を受けていたりします。すけさんの学校では冬に縄跳び運動が盛んなのですが、一人一人にやり方を教えるワケではないので、難しい跳び方などは(親も知らないので)動画で何回も見ないとできなかったですし。ICT教育に熱心な先生なら佐賀県の失敗は当然知っていると思いますから、かえってトンデモナイことはしないような気もします。って、単なる願望ですが。。。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

めいじばぴらす

Author:めいじばぴらす
~ 登場人物 ~
すけさん@中1男子
もょもと@黒ぬこ♂
アイリン@白ぬこ♀

ふしぎなぼうしを落とすまで
メイジバピラスを狩り続けます。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム