FC2ブログ

ゆっくり組

このブログは「どんぐり倶楽部 ゆっくり組」という非公認の活動をコソーリと行っております。どんぐりを一生懸命やっているが、学業はイマイチ…な、ゆっくりさん向けのブログがあってもいいんでないの?というのが趣旨です。

↑ていうのは建前で

「ぢつは、優秀な内容のブログばかりでついていけない。・゚・(ノД`)・゚・。」ってのが本音(爆)「どんぐりだけで他の勉強は一切やっていないけど、学校の勉強は何の問題なくできます♪」なんてのは、ゆっくりな子から見ると別次元のできごとなのでございます。

ここで、めいじばぴらすが感じた「ゆっくりな子のどんぐり」について書いてみようかと思います。(←あくまで主観)


@準備学習がやたらと長い。
つーか、すでに習った算数の技でも、まるで学習していないがごとく準備学習(すでに準備ですらないw)が延々と続く。学校の授業で「新たな技」を習っても「アッ!こんなことできるんだ!」「あれにも使える」「オモシロイ!」な~んて思ったことは絶対にないと断言できます。って、考えてみれば当たり前ですよね。だって、新しい技を習っても使いこなせないから成績がイマイチなワケで。そして、そんな子がどんぐりに無理やり応用しようとすると当然間違える。子供にしてみれば

「いつまで準備学習が続くの?って(口では言わないけど)オーラが出ているから仕方なく算数の技を使ったけど、それで間違えたら『だったら、間違えない方法(ようするに準備学習)でやれ!』って別オーラが出てるんですけど、それってどうよ???」
きっと、こんな感じなんだろうなぁ。だからこそ親の待つ覚悟も相当なモノなのですが、ゆっくり組に属しているようだと、あまりのデキの悪さに耐えられなくなって、どんぐりを挫折する人が多かったのでは?と想像しています。


@見る力がないので、力技に持ち込む
すけさんは物理的には見ているけれど、頭では認識はしていないと感じることが多々あります。例えば、掛け算をやる時に三角視算表が全く使えませんでした。数字の配列を見るのを何故かイヤがったのです。拡大して、1つ1つバラバラにしてもダメでした。何でできないんだろう?という親の疑問は、他のどんぐりブログで

「低学力の子には数字の暗記を強要する感じになってしまい、苦痛を訴えてきた」

とあったので「ああ、すけさんは低学力なんだ」とハッキリ自覚できて、スパっと止められたことで親子共々助かったことを思い出します。数字の羅列といえば、2年生の時の参観日で「九九の表を見て、気づいたことを発表する」というのがありまして、案の定すけさんにはサッパリでした(苦笑)めいじばぴらすが子供の頃は「9の段は、数字が階段のようになっていて面白い」とか、いろいろ発見できて楽しかったのですが。

話が逸れました。で、視考力うんぬんの前に「そもそも見る力がない」のではと思っています。「絵をよく見てね」と言って、本人も絵を見ているのだけれど頭にイメージできないから、どんぐりを解くにしても力技に頼らざるを得ない状況になっています。どんぐりはどんな解き方でもOKだから泥臭く地道にやっていくのは当然アリです。が、何て言うんでしょうかねぇ。やっぱちょっと違うんですわ。分かりやすい例がこちら↓


<3MX82>
朝早く目覚めたハム太郎は、どういうわけか、突然もっと筋肉を付けようと思い、どうしたら筋肉が付くのかを色々と調べました。その結果、筋肉豆腐の半分が蛋白質で、その蛋白質の半分の半分が筋肉になることをつきとめました。では、100gの筋肉を付けるには筋肉豆腐を何グラム食べるとよいでしょう。


75.jpg


おなじみの筋肉豆腐問題です。この問題ですが(4MX11も含めてネットで見た限りでは)「8等分の絵を描いて、100gが8個あるから800g」もしくは「100gの豆腐を半分にして、さらに半分の半分だと分けられないから、豆腐を2倍にして200gにして分けられるようにする」という2通りの方法で確認できました。この、豆腐を2倍する方ですが、絵を描いて「分けられない」ことを見ることができたからこそ、豆腐を2個分にするアイデアが浮かんだと思います。しかし、すけさんは違います。豆腐を分けられないことが分かったら、絵を見続けてアイデアを出すことなく、そのまま力技に持ち込んでいます。100gがだめなら110g、120g、130g、140g、150g。で、160gになった時に「半分の半分の半分が20g」というのが分かり、そこから5倍して800gを出しています。ここが、見える子とそうでない子の違いだと思いました。

ゆっくりさんのどんぐりについてですが、どうでしょうか?まぁ、お悩みについては個々で違いますし、すけさんの現時点(小3・3月、どんぐり歴2年8ヶ月)での感想なので、これからもっと違う視点が見えてくるかもしれません。しかし、すけさんがどんぐりをやっていなかったら地道にコツコツと解いていくことすら無理ゲーだったので、そういう点ではゆっくりな子でもどんぐりの効果は出ていると言えます。

あ、全然関係ないけど、数字の羅列がダメな子って、中1でやる文字式とか正負の数とかどうやって対処するんだろ?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

めいじばぴらす

Author:めいじばぴらす
~ 登場人物 ~
すけさん@中1男子
もょもと@黒ぬこ♂
アイリン@白ぬこ♀

ふしぎなぼうしを落とすまで
メイジバピラスを狩り続けます。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム