スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の中旬に、毎年行っている近場の川へホタルを見にいきました。今年はライトを持っていきましたので、すけさんも怖がらずにすんだようです。ヘンな叫び声で懲りました(苦笑)去年は肌寒い日が続いていたのでホタルは少なかったのですが、今年はそこそこ飛んでいましたね。年々数が減っているそうなので、身近で見られるだけでもありがたいです。今回もふよふよ~と近くに来てくれたので、手のひらの上で観察することができました。ここのホタルはサービス満点ww


<5MX02>
右隣に住んでいるガメラ君は昨日UFO2機とヘリコプター1機を530億円で買いました。左隣のギャオス君は同じUFO1機とヘリコプター3機を340億円で買いました。評判が良いので、明日、僕はUFO5機とヘリコプター5機を買うつもりです。何円用意する必要があるでしょうか。

絵で考えることのできないすけさん。4年の間はほっとこうと思っていましたが、解けなくても絵を見て考える練習が必要なのでは?と考えなおして、消去算を選んでみました。


87.jpg


↑ユーオウだのヘソだの…
小4だというのに、カタカナを1からやり直さなきゃならんのか…(A` )

暫くは絵だけを見て考えていましたが、ギブアップしていつものように○を描いて解いてしまいました。でも「絵を見る練習」には多少はなっているような気もするので、気長に待つことにします。しかし、いつもながら○だけ描いてよく解けるよなー。ゆっくり組の記録として残してはいるけど、イレギュラーすぎて他の方の参考になるのか疑問。

黄金たこやき問題を「絵で見て考えてね」と、最初に言わないでやってしまったのが悔やまれます(´・ω・`)



スポンサーサイト

4年生になると割り算の筆算を習うのですが、他所の地域の4年生は5月には学習している所が多いのに、すけさんの学校では未だやっていません。
大きい数→棒グラフ→掛け算の工夫→角→平行→いろんな四角で、その次から割り算に入るのですが、学校ではまだまだ四角ばかり描いているという。
宿題で出る算数のドリルは親が丸付けをして提出するのですが、めいじばぴらすが図形を描いて、自分で丸を付けて自信満々で出したドリルが戻って来た時の先生のコメントが

ずれてるよ!!

1~2度の角度のズレを見逃さず、しっかりチェックしてるわww


<4MX79>
サブちゃんは今日も世界一のサブレを求めて食べ歩きを続けています。今日は、大カメサブレ23枚と小カメサブレ88枚を4710円で買いました。大は小の3倍の値段です。では、小サブレは1枚何円なのでしょう。


というワケで、割り算の筆算を習っていないすけさんが、比較的数の大きなサブちゃん問題をどういう風に解くか出してみたのですが…


85.jpg



なんと!○しか描いていなかった!!(爆)
それでいて、ちゃんと30円って答えが出ているんだけどw(円って漢字くらいまともに書けっつーの)


すけさんに聞いたら
「○を471個描いたら答えが出た」だそーで。


86.jpg


オレンジの枠で囲んだ所が471個の○です。割り算の筆算を習ったら、こんなことはしなくなるんだろうけど、その前に「掛け算」「割り算」というワザは習っているのに使いこなせない「ゆっくり組」だからこそ、こんな解き方になるのかなーって思ったり。あ、すけさんは暗算はサッパリですので、実は頭の中で計算してたんじゃね?ってのは絶対にないです(苦笑)ちなみに、かかった時間は15分くらいでした。



運動会が終わり、ようやく一息つけれるかな?って思っていたら、4年生以上は地域のドッジボール大会があるとかで、放課後に練習をするようになりました。(親もいろんな係として駆り出されます。そして、ガチで応援しているのでビビります。お遊び的な大会ではないようです)また、子供会のイベントも重なったりして忙しい日々が続いています。こうなると、習い事が毎日のようにある子って大丈夫なんだろうかって思います。すけさんの現在の習い事は、近所のゆるゆるピアノ週一30分とスイミング週一60分ですが、普段の時は大丈夫でも、こうイベントが続くとさすがに疲れてくるようです。
スイミングは去年の9月に特級(個人メドレー)に合格しましたが、そのまま続けています。選手コースに上がらない子は特級に合格した時点で辞めるのが殆どですが、すけさんは送迎バスの中でお友達とお菓子交換したいがため続けているという。一応、続けるモチとして「日本水泳連盟のB級に上がる」というのを目標にしていますが、週一だとやっぱ厳しいです。先月のクロール50mのタイムは48秒台でしたが、9歳男子のB級は一番下で47秒台。って、もうすぐ10歳になっちまうよん(爆)


<3MX94>
朝太郎は、朝のコーヒーを飲んでいる時に、ふとアメを食べたくなり200秒で11個のアメ玉を作る事ができる自動アメ玉製造機を発明しました。それでは、この製造機が2時間で作る事ができるアメ玉の数と、その数の百の位の数字を十の位にして、十の位の数字を一の位にして、一の位の数字を百の位にした数の差は幾つになるでしょう。

運動会の振替の時にやったのですが、疲れが残っていたのか「どんぐりは簡単のがいい」とリクエストしてきたので、3MXで残っている朝太郎問題にしました(笑)



84.jpg



予想通りというか終始イライラしながらやっていて、2時間で製造できる飴の数は出たけれど、最後の数字の入れ替えが分からなくなり「936」から「396」を引いて「540」と出していました。

毎年、運動会明けの休みの時はダメなんだからやらせなきゃいいのに、親が同じ過ち繰り返しとるのぅ…orz



4月の終わりに家庭訪問がありまして、今年も無事に、宿題の制限や居残り学習の回避のお願いが通りました。

新年度が始まってすぐに手紙でこちらの状況(宿題や家庭学習の負担が大きくなるとチック症が出る。時間に追われると、無意識の反射的行動が出るなど)と要望を伝えたことで、非常にスムーズな運びとなりました。まぁ、こっちも交渉に慣れた面もありますが。

今年の担任の先生は若手のやる気満々な先生なので、正直「早々に宿題やタイムアタック的な学習の制限をお願いしといてよかった…」と心から思っております。だって、すけさんのクラスだけ朝学で計算プリントのタイムアタックをやり、宿題はドリルの他にプリント教材がわんさか…。特に都道府県プリントが地獄です。めいじばぴらすは、北海道から書き始めて山形くらいで眠くなります💤しかも、このプリントは日本地図が小さく、県名などは番号が振ってあって余白に書き込むタイプなので「こんなんじゃ、絶対に覚えないよ」みたいな超作業的プリント。福井とか石川とか島根とか佐賀とか分からない。もうね「マクロベータ影薄い」状態ww場所を覚えるんじゃなくて、漢字の練習と割り切っています。

すけさんの学校での様子ですが、男女共に仲良くやっているとのことで、学校生活での問題点は特にありませんとのことでした。お友達とのトラブルさえなければそれでオケ。
そして本題。手紙に書いてあることをベースに詳しい背景を付け加えて話しました。そこから交渉に入ります。

「宿題も居残りもタイムを競う学習も、すけさんが潰れてしまうので止めて欲しいのです」
きっぱりと言い切ります。

「ですが、先生の考えたクラス運営や学習方針もありますよね。うちの子一人のために『やらないで欲しい』とは、さすがに言えないです」
先生のお立場もありますし、こちらもいくらかは譲歩しますよ~。先生の邪魔はしませんよ~。と大いにアピールします。先生もウンウンと頷いていたので、こっちのペースに引き込むことができました。

「そこで、先生のやり方で構わないのですが、子供ができなくてもOKにして頂きたいのです。具体的な対策としては、宿題は量より質を重視しまして、親と一緒に取り組みます。学校での学習がやりきれなかったら、居残りではなく家に持ち帰らせて下さい。私が責任を持ってフォローします。タイムを計る学習などは、時間に追われる行為が本当にダメですので、全部できなくても構わないし、クラスでビリでもいいからとにかくゆっくりやるように言ってあります。このような状況ですので
ウチの子の評価は最低で構いません。がんばっている子を大いに評価して下さい

↑最後っ屁回避の最強のセリフw

※最後っ屁とは?
宿題制限やマシーン稼働のお願いする際、どうしてもその必要性を理解できない先生が、とにかくこちらにイヤミの一つや二つを吐き捨てないと気が済まない心理に陥るのか「成績が下がりますよ」という、先生のみ使える伝家の宝刀を抜くこと。
が、どんぐりユーザーの殆どが成績表なんて気にしておらず、また中学と違って受験に関係ないのでこんなセリフは全くのノーダメージだったり。だけど、それでも実際に吐かれるとなるとイヤ~な空気になるんで、先手を打っておきます。話し合いは爽やかに終わらせた方がいいんでね。

このような流れになると、若い先生は「ダメ」とは言いにくくなります。ベテランの先生はそれくらい軽々と跳ね返しますが(苦笑)ベテランの先生でも話の通る方はいますけど、大半の先生は独自の価値観が確立していて、それを崩すのは短時間では絶対に無理なので、泣き落とし系(困っているので助けて下さい!)にします。
そこから先生の考えてる学習指導を聞きまして「じゃぁ、すけさんの場合にはこのようにしたいと思います」と、先生の確認が取れましたら終了です。
「ゆっくり組」に属する子は、マシーンで回避できる宿題よりも、休み時間や放課後が潰れる再テストや居残り学習の方が遥かに脅威ですので、これだけは何が何でもやらないように先生にお願いしまくって下さい。

それにしても「親がフォローします」って言葉は本当に便利です。めいじばぴらす家では「マシーンが稼働」という意味ですが、先生はそういう風には考えませんし。でも、ウソは言ってないよーん(爆)



プロフィール

めいじばぴらす

Author:めいじばぴらす
~ 登場人物 ~
すけさん@小5男子
もょもと@黒ぬこ♂
アイリン@白ぬこ♀

ふしぎなぼうしを落とすまで
メイジバピラスを狩り続けます。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。