スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ、ISS通過祭りが始まるザマスよ!
行くでガンス!
フンガー!

a17.jpg

乾物くん@桜玉吉


というワケで、明日(5/31)からISS(国際宇宙ステーション)が、朝は日本列島横断コース、夜は縦断コースと、めいじばぴらすの住んでいる所では1日に3回見ることができます。場所によっては4回(朝2回、夜2回)ってトコもありますね。ISSの観測は、実に3ヶ月ぶりになります。2月の下旬の夕方に見た後、3月の上旬まで暫く観測できない期間があり、見えるようになった残りの3月の期間は全て朝方だったのでパス。期待した4月は天候不順で全滅w5月は11日まで観測できず、そこからは全て朝方。ようやく明日から夜の観察ができるようになります。

今の時期の朝の時間は早いので(つか、3時台なら早起きっていえるけど、0時台の通過はもはや夜中w)パスして、2回見られる時の夜の観測に勤しみます。ISSは約1時間30分で地球を1周しますが、ちゃんと1回目の観測の1時間半後に2回目が見られるんです。その辺りをすけさんにも実際に体験してもらいたいなぁって思っています。が、すけさんの寝る時間を考えると2回しかチャンスがなく、しかも1回目は明日で、天気は雨予報…orz

夏至が近いので、夜に2回見られる日は他に何回かあるのですが、夏至が近いせいで22時台になっちゃうんですよね。しかも梅雨の時期。なかなか計画通りにはいかないです。



スポンサーサイト

あちゃー。やってしもうた…

すけさんの宿題マシーンを稼働せずに寝てしまって、気が付いたらスズメがちゅんちゅんな朝の5時。。。
慌てて飛び起きて、計算ドリルの問題をノートに写してから答えを書いて、国算プリントをやって、学習カードに記入してと、かかった時間は約25分。
すけさんがやったら、1時間以上は確実にかかります。


@すけさんの現在の宿題状況は

音読→華麗にスルー

漢字の書き取り1~2P→漢字塗り絵1文字

計算ドリルの問題をノートに写してやる→問題を書き写すのは親がやります!と先生に了承済み。で、問題は普通に書いて、答えは子供の字をマネて書く。

国算プリント→内容は、1.2年で習った算数と漢字の復習に特化したマンドクセなプリント。3年生全員がやることになったらしく、無駄に豪華なチェックカード付きなので「やりません!」何て言えない状況。・゚・(ノД`)・゚・。仕方ないので親ががんばっていますが、問題は漢字のプリントなんですよね。すけさんの字は妙なクセがあるのでマネるのが難しく、時間がかかってしまうのが地味に面倒。

週末の作文→本人がやる

読書→めいじばぴらすが、せっせと読み聞かせしております。最近のすけさんのお気に入りは「つんつくせんせい」と「バーバパパ」のシリーズ。

未だに読書=絵本の読み聞かせって構図ですわww



すけさんのクラスの学級だよりに
「算数で時間と時刻の学習をしていますが、なかなか身につかないようです。ご家庭でも、時間の流れを意識するように心がけて下さい」
とありました。

すけさんに
「算数の時間の授業はどう?なんか大変みたいって先生のお知らせに書いてあるけど?」
と、聞いてみたら

「だいじょーぶ!ちゃんと分かってるよv」

という、すこぶる頼もしいお返事wすけさんの大丈夫!っていうのは全くアテにならないんだけど、まぁ何とかなっているんだろうってことで、それ以上はツッコミもせず。

で、次の日に学校でやったプリントを持ち帰ってきたので見てみると…


a16.jpg


うわぁ☆バツばっかり♪♪


時間と時刻の単元はこれで終わりで、ようやく割り算に入るようです。



すけさんと一緒に公園でサッカーの練習(ゆるゆる)をしてきました。

すけさんが小1になったばかりの頃
「男の子だから早いうちにサッカーを習わせよう。だって、友達と遊ぶのにサッカーをやっていた方が楽しいだろうし、授業でもサッカーはあるしね」
という親の一方的な思い込みのもと、すけさんを近くのサッカースクールの体験に行かせました。すけさんも、保育園の時にお友達がサッカーをやっていて興味があったようで、喜んで行きました。すけさんはサッカーの練習や試合などは見たことありません。サッカーはボールを蹴るスポーツって程度の認識です。

めいじばぴらすのサッカーの知識は、その殆どがキャプテン翼によるものなので、試合時間が異様に長く、ゴールポストに上ってシュートを阻止したり、心臓病なのに走り回ったあげく白く燃え尽きたり、森崎くんが吹っ飛ばされたりと、現実にはまるで役に立たない知識ばかりです。

すけさんが体験に行ったスクールでは、4回まで無料体験ができる上に、1回500円で保護者もサッカーの練習ができるので(もちろん子供とは別メニュー)親子のコミュニケーションを図るという我が家の方針にもピッタリのところでした。
二人分のサッカーシューズとサッカーボールを買い、意気揚々と練習に行ったのですが…

親はサッカーなんてやったことはないので、ヘタなのは仕方ありませんが(他のママさんもいましたが、旦那さんがサッカーをやっていて一家で練習している感じ)それでもがんばってやりました。が、すけさんはそれ以前に問題でして…

パスの練習は楽しんではいましたが、ゲームになると全くダメで。めいじばぴらすは、小さな男の子はボールを見ると追いかける習性があるものとばかり思っていました。が、すけさんは遠巻きにボケ~っと見てるだけ。このゲームは、体験に来てる子だけでやっていたので、みんな初心者(年中~小1)なんですがね。みんながボールを一生懸命追いかけている中、ただ一人積極性ゼロで、最後の方になると、すけさんはゴールキーパーの位置にいてシュートが来ると身体をひねって避けていました。思わず「ドッジボールじゃねーよ!」と心の中で突っ込んでおりました。親の方はシュートの練習中ですが、イヤでもすけさんの行動が目立ちます。

とにかく、人やボールにぶつかるのを怖がる超ヘタれなんです。その頃、親子で空手をやっていましたが組手になると一方的にやられまくってました。。。
そもそも、空手に入れたのが「保育園のお友達にボコボコにやられるから(子供同士のふざけっこ)それを何とかしたい」って理由で、そういうひ弱な子を空手に入れても、本人が強くなりたい!って思わないと、全く改善しないんですよね(苦笑)
ちなみに、ドッジボールは逃げ回ることができるので大丈夫w

で、サッカーですが、結局は体験だけで入会はしませんでした。このまま続けても、空手のように嫌いになるだけのような気がしたからです。コーチもすけさんの様子を見て、無理には勧めませんでしたしね。しかし、せっかく買ったボールとシューズがもったいないので、それからはすけさんとサッカーの練習をするようになりました。カラーコーンとラダーを買って、スクールで習った基礎練習のメニューをしています。たま~にしかやらないので、2年経ってもリフティングは連続で5回しかできませんwそれでも親子で楽しく続けてるし、すけさんも学校でお友達とサッカーで遊んでいるので、結果オーライってことでしょうか。

最近のすけさん。学校からのチラシで野球をやってみたいとか言い出しましたよ。言うのは簡単だよね。キミ、ソフトボール投げだって全然ダメダメでしょうに。しかも、飛んできたボールを怖いとか言ってキャッチすらできない予感。う~む。どこかに母親も体験OKな(←もちろん初心者)野球スクールはないでしょうか?あ、スポ少は土日が潰れるから無理です。



先週の土日にちょっとしたイベントがありまして、それに参加したすけさん。
イベントは楽しかったと言ってはいますが、朝から夜までだったので、すっかりお疲れモードになってしまいました。親も(苦笑)
学校でも運動会の練習がバリバリ入っていますので、今週はピアノやスイミングといった普段の習い事が、すけさんの心の余裕を奪っていると特に感じています。

で、余裕のゲージがすっかり空になってしまった、すけさんのどんぐり。



<3MX08>
ある島に2本足モンスターと4本足モンスターが同じ数だけいました。数えてみると、全部で3600匹でした。ところが、ある時2本足モンスターと4本足モンスターの間で戦いが起こり、4本足モンスターの足が全て3本足になってしまいました。今、この島にいるモンスターの足の数はみんなで何本でしょう。



a15.jpg



見事に計算だらけで間違えとる(爆)
いやぁ。ここまで分かりやすいと、作品のうpのしがいがあるってもんですw



制御不能となったプログレス59Pは、落下予報通り、昨日の午前11時04分(日本時間)に大気圏に再突入したそうです。ロシア連邦宇宙局の発表サイトを見たけど、ロシア語分かりませ~んw
日本の通過が昼間なので(昼といっても朝だけど)見ることもできず。アフリカの東からアラビア半島の南部にかけての通過が夜なので、そっちでは再突入が見られたかも。

GW中の活動としては、2日に水星、5日にイリジウムフレアと土星を見に行きました。2日は海に行ったけど、北西の低い位置に雲が発生していて、その間から時々見える程度でした。残りの部分は晴天なのに(゚ε゚)でも見えた分マシで、その他の晴れの日は全て、同じように太陽の沈む周辺にだけ厚めの雲が広がっていて水星だけアウト。他は憎たらしいほどの青空で、一際輝く金星と木星(爆)

5日は、イリジウムフレア -4.5と月に大接近の土星です。普段は20:30には寝るすけさんですが、この日は、月の出の関係で21:00に就寝。月に近い星の観測は月明かりの影響をモロに受けてしまうので、めいじばぴらすは好きじゃないのですが、子供の視点で見ると、分かりやすい目印のすぐそばにあるというのは、自力で見つけられるので凄く嬉しいみたいです。どんぐりにしろ、天体観測にしろ、自分の力で発見できる喜びを親が先回りして潰しちゃダメだなぁって、すけさんを見て思いました。



ゴールデンウィーク。それは、世間一般の認識だとお休みの多い週間で、旅行や遊びに行くのをとても楽しみにしているご家庭が多い。が、めいじばぴらす家にとっては、とっても厄介な期間。

何故なら、貧乏暇ナシで予定がな~んもないからである(涙)

すけさんも、友達がみんな出かけていて(あるいはスポ少の大会などで)誰もいないので「学校があった方ずっとがいい!」とか言い出す始末。で「どっか行きたい!ネズミーランドとか行ってみたい!!」と、3年生になって自己主張するようになってきました。めいじばぴらすがネズミーランドに最後に行ったのは15年くらい前。その頃も、楽しいんだけど混んでいてちょっとうんざりでしたが、今は激混みらしいのでますます足が遠のいています。また、子供が小さいうちは、近所のごく普通の公園で遊ぶだけでも満足できますから、刺激の強い受動的な施設はまだいいかなって思っています。個人的には、もう一人の自分が完全に目覚める4年生になってから行かせたいたいですね。実際に行くかどうかは、おサイフと相談しなければならないのですが。・゚・(ノД`)・゚・。

しかし、GW中の宿題が「GWについての作文」なので、作文を書くために予定を無理矢理空けて近場のテーマパークに行こうとしたら、すけさん、間の悪いことに半年ぶりに熱を出してしまって中止となりました。結局「GWは家でのんびり過ごしなさい」という神様のお告げだったのでしょうw熱が下がったら近くの森林公園に行き、自然を相手にたっぷり遊んで楽しみました。

連休中にやったどんぐりです。


<3MX60>
ピョンの家から学校までは3kmで、いつも午前7時丁度に家を出て学校へ向かいます。ビョンの家から学校までは4kmで、いつも午前6時30分に家を出て学校へ向かいます。ピョンは5秒で10m進み、ビョンは6秒で10m進みます。では、学校の始業時刻を 7:25 だとすると、2人は各々始業時刻より何分早く、あるいは遅く学校に着きますか。



a14.jpg



ビョンの方は6秒で10mだから簡単だったー。ピョンの方は5秒だから難しかったー。とのこと。で、絵を見るとビョンの方しか描いていないような…?

めいじ「ビョンの方は合ってるけど、ピョンの方は描いてないね?何時についたの?」
すけ「7時25分ぴったりー」

いや、だからね。合ってるんだけど絵はどこに描いてるのよぉぉぉ



昨日は久々に、イリジウムフレアの観察をしてきました。

今年の4月は天候に全く恵まれず、4/4の月食をはじめ、好条件の人工衛星観察もことごとく潰れていきました。が、最後の最後でイリジウムフレア-8.3等星を見ることができました。

お天気は日中は曇りで「今日もダメか…」と思いましたが、夕方になって徐々に雲が取れていき、霞んではいましたが夜には晴れてきました。
人工衛星の観察場所は家から歩いて3分ほどの所です。周りには、お店やら学校のグラウンドやら強烈なライトがたくさんあるので観察場所としてはイマイチなのですが、手軽に行けるので贅沢は言えません。明け方はライトも消えているので比較的良好です。今回のイリジウムフレアは19:50なので、目を慣れさせるために19:30には行きます。

まずは惑星の観察から。この時間だと、おうし座にある水星がギリギリ見えるかな~と思いましたが、西の空低くに雲がかかって見られず。アルデバランは見えたけど。水星は5/7前後が一番高度が高くなるので、GW中に街の光に邪魔されない海に行って観察してきます。

金星は夕方から西の空で明るく輝いているので、特に天体観測に興味ない人でも何気な~く見ていると思います。

木星はちょうど真上、かに座にあります。去年の5月には、木星はふたご座の所にありました。1年で黄道星座を1つ移動します。って、1年かけて次に移るのでなく、去年の動きを例にすると、8月に木星はかに座に移り、12月にしし座に移って、2月にかに座に戻ってきています。

土星はさそり座にあるので、まだ上ってきていません。すけさんが最後に土星を見たのは去年の年末。てんびん座とさそり座の間にある時で、朝の5時半に観察しに行きました。冬の透き通った空気の中、土星よりも赤々と輝くアンタレスの方がすけさんの心に残ったみたいです。確かに真夏のさそり座は観察場所がよくないとボヤけるので、ここまで真っ赤なアンタレスを見たのは、すけさんは初めてでした。火星の敵(アンチアレス)とはよく言ったものです。

惑星観察が終わったら、後はボ~っとイリジウム衛星を待ちます。途中ですけさんが「北斗七星に人工衛星!」って叫んだので見てみたら、ミザール(ひしゃくの柄から2番目の星。北斗の拳だと死兆星のすぐ隣にある星w)から小さな光が横切っていくのが見えました。めいじばぴらすの目にも見えましたので(←目が悪い)明るさは2.5~3等星くらいかな?後で調べたけど該当する人工衛星の情報はなかったので、どこかの国の軍事衛星でしょうな。

イリジウムフレアの方角は東、高度は54度なので、うしかい座のアルクトゥルスの上を眺めます。今回はフレアセンターまで3kmとメチャ近いので、フレア前のイリジウムの動きもよく見えました。北東の空から東へ。うしかい座を通過してフレアの瞬間はどの星よりも明るく輝き、すぐに暗くなっておとめ座の方角(南東)へ移動しました。途中まで追いかけましたが、月の光の中で消えていきました。


この、短く、儚い瞬間は。私たち親子が無限に広がる宇宙の、その一部に生きているって。そう思わせてくれる、なによりの至福な時間なのです。



プロフィール

めいじばぴらす

Author:めいじばぴらす
~ 登場人物 ~
すけさん@小5男子
もょもと@黒ぬこ♂
アイリン@白ぬこ♀

ふしぎなぼうしを落とすまで
メイジバピラスを狩り続けます。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。