スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業は「ニコ生」、遠足は「ドラクエX」で――ネットの高校「N高」は“リアルの学校”を超えるか?

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1603/22/news145.html

↑これ、元ゲーム廃人から言わせてもらうと、メッチャ危険
ネタとして面白いかもしれんが、本当に危険
ゲーム廃人のように、ゲームの世界と現実の世界が入れ替わってしまう…

なのに、高卒資格が貰えるってどうよ???


「ゲーム廃人って、一言でいうとどんな風?」って聞かれたことがあります。


ゲーム廃人とは、浦島太郎になること

運良く現実の世界に戻ってきたら、数年の月日が流れていた



ゲームのやりすぎで死んでしまった人とかいるけれど、普通の人は「ゲームごときで、哀れだな…」と感じる方が殆どだと思います。でも、めいじばぴらすは違います。

「ああ、向こうの世界に完全に行ったのか。。。」と。なんていうかなぁ。マッチ売りの少女の最後みたいな感じですか。飯を食わなくても、排泄をしなくても、寝なくても大丈夫な世界。


ちなみに、かつてのゲーム仲間から「めいじばぴらすさんは、生活費は自分で稼いでいたんだから、真の廃人じゃなかった」って言われたけど、一般人から見たらどっちもどっちだってww



スポンサーサイト

意外な盲点

先週、町内の子供会のお楽しみ会がありまして、すけさんと二人で行ってきました。お楽しみ会とは、簡単にいうと子供会の遠足です。今年はプラネタリウムと室内アスレチックがメインで、すけさんはプラネタリウムは初めてなので、とても楽しみにしていました。めいじばぴらすも20年ぶりくらいです。

プラネタリウムの内容は、夏の星座と七夕特集で、上映時間は45分。
このところ仕事が忙しく少々疲れていたので、リクライニングシートでゆったりしながら寛ごう♪な~んて考えていました。
部屋が暗くなり、ドームに映し出される満天の星にうわぁ♪と小さな感嘆の声を上げたすけさん。しかし、めいじばぴらすは「しまった!これ、ヤバい!何で気が付かなかったんだろ?」と、イヤな予感。

すけさんの目に四方八方から飛び込んでくる人工の光。ポケモンショック以降の「テレビを見る時は部屋を明るくして離れて見てね♪」の警告とは全くの無縁の空間w最近のプラネタリウムは解説のアニメーションがとても分かりやすく丁寧なためか、その動き(ようするに光の点滅)に予想通りすけさんは耐えられなくなってしまい、10分ほどで能面のように固まってしまったのです。だからといって外に出るワケにもいかず、そのまま終わるまで待つしかありませんでした。そして「自分はこれくらい大丈夫だろう」と高をくくって見続けためいじばぴらすも、見終わった途端に途方もない脱力感が襲ってきたのです。何ていうんだろ?凄く疲れているんだけど、肉体的な疲労でなく、精神的な疲労でもなく、例えるなら「生気が吸い取られた」というか。う~ん。かえって分かりづらいか(苦笑)

上映が終わっても、すけさんと私は一言も口を利くことなく、ただただトボトボと子供会のみんなの後をついて行くだけでした。アスレチックに移動しても暫くは二人してボケ~と休んでいましたが、すけさんは回復してきたようで他の子たちの遊びに加わっていきました。めいじばぴらすはかなり経ってから、アスレチックの見学をぼちぼちしてきました。

こんな風に書くと「あんたら親子が特殊なだけじゃね?」って思われそうです。でも、めいじばぴらすがテレビやゲームをガンガンしていた頃は、プラネタリウムなんて全く平気でした。今と設備の違いはかなりありますので、単純な比較はできませんが…
テレビを見なくなって5年以上経ち、人工の光の動き(点滅)の耐性が激減したことを実感しました。めいじばぴらすは仕事でPCを長時間使っているのですが(画面の動きは殆どないのが幸い)、そんな人間でも今回のプラネタリウムではダメージを受けてしまったのです。このような下地のないすけさんにとっては、相当に疲れることでしかなかったように思われます。でも、すけさんにはまだ「何とも言えない疲労感」を人に伝えることは難しい年齢。知らない人からみたら「あらら。星に興味がなかったのね」で終わっていそうです。今回は、親も同じように経験をしたから子供への影響を知ることができました。

プラネタリウムという施設は、肯定的なイメージを持つ人が殆どだと思います。子供向けには「天体について分かりやすく教えてくれる」大人向けは「日頃の疲れを癒す」など、自分はそのようなイメージを持っていましたが「暗い空間で、人工の光の動きを見る」というのは、「自覚はないけど、頭の中への負担がかなりある」というのが盲点では?と感じました。

今回は45分間と長目の時間だったので余計に堪えたかと思います。これが20分くらいなら大丈夫だったかも。って、すけさんは10分ほどで固まってしまったので、結果は同じだったかもしれません。テレビ、ゲーム等を制限しているご家庭は特にお気をつけください。大人が思ってる以上に子供への負担は大きいです。

帰りのバスで「プラネタリウム、どうだった?」と感想を聞きましたら「もう、いい」と、小さく答えたすけさんでした。



テレビの害3

↓ここからは、めいじばぴらすが「こう思ったから!」の世界になります。科学的根拠は一切ありませんww



人工の光と多量の情報は、人間にとって刺激があまりにも強すぎます。だから、その刺激をそのまま受けると



tv6.gif


          ↓↓↓

tv2.gif



刺激がダイレクトに伝わって頭が処理しきれなくなり、固まってしまいます。(ちなみに子供だけでなく、大人でも固まってしまいます)そんな状態が続くと、頭の方でも「こりゃたまらん!!」ってな感じで、刺激を伝えにくくしているのだと想像してみました。図では分かりやすく、フィルターを設置しています。


tv3.gif



フィルターのおかげで、刺激が軽減しています。



tv4.gif



毎日テレビやゲームをして、まだまだ刺激が続くようだと、フィルターもだんだんと厚くなります。そして、受ける刺激が少なくなるから長時間見ていても平気になってしまいます。



tv5.gif




だけど、そこには痛~い落とし穴が…

それは勉強についてです。
勉強も外部からの情報(刺激)です。もし、このフィルターのせいで、せっかく勉強した情報が軽減されるとしたら…



tv7.gif




しつこいようですが、これらはもちろん単なる想像で、実際はどうだか分かりません。でも、長時間のテレビやゲームやスマホが勉強の効果を軽減してしまうってのは事実ですから、個人的には吸収力を妨げる壁ができると思っています。すけさんを見ている限り、刺激を遮断する「フィルター」は、刺激がなくなれば薄くなる感じです。
毎日シャットアウトするのは難しくても、週に1~2日は眼を完全に休ませる「休眼日」を設けるって方法もアリだと思っています。人間の体って、少しでも継続する刺激があると状態が維持されやすくなりますよね。例えば、柔軟体操を毎日5分、2年間やっていれば開脚だってバッチリvだけど、3日サボればすぐに硬くなるww

とにかく、ダラダラと刺激を与え続ける生活だけはしない方が無難ですよね。だから、佐賀県みたく県立の高校生は全員PC買い取りで授業だの、近い将来、小学生はタブレット授業でラクラク~♪ついで癒着業者もホクホク~♪ってのは('A`)眼を休ませる時間が減るじゃん!ってね。(佐賀県のPC授業は違う意味で崩壊しそうですがw)

めいじばぴらすはこんな風に考えてただでさえ飲み込みの悪いすけさんの頭が情報を制限しないように、見守っていきたいと思います。



テレビの害2

すけさんのテレビの一件で、何で子供にテレビは良くないのか?と、今さらながら考えることにしました(遅)
テレビの害で真っ先に思い出すのがピカチュウ事件です。(←ポケモンショックというのが正式名らしい)

『この回は、主人公・サトシたちがコンピュータ内で起きている事件を解決するためにコンピュータ内部に入り込むという内容だった。この回ではコンピュータの世界を表現するため、ワクチンソフトによる攻撃シーン、破損したデータを修復したシーンにパカパカを始めとするストロボやフラッシングなどの激しい点滅が多用された。後にテレビ東京が配布した報告書「アニメ『ポケットモンスター』問題に関する記録」によれば、25箇所にわたって1秒間以上連続して使用しており、特に番組後半はこれらが連続して使用された。特に顕著だったのが、ピカチュウの技「10まんボルト」がワクチンソフトのミサイルに当たった場面である。「アニメ『ポケットモンスター』問題に関する記録」では、各局の同時ネットにより、345万人の視聴者(4 - 12歳)が見ていたと推定している。

放送を見ていた視聴者の一部が体調不良を訴え、病院に搬送された。病院に搬送された患者の多くは児童だった。テレビ東京が最終的に把握した患者は約750人になり、そのうち135人が入院した。患者の症状は主に発作様症状、眼・視覚系症状、不定愁訴、不快気分、頭痛や吐き気などである。原因は上記の激しい光の点滅を断続的に見たことにより、光過敏性発作が引き起こされたためとされる。』

人工の光と、目まぐるしく変わる場面の変化(情報)の刺激に、頭がついていけなくなったためだと思います。ウチではテレビ以外だと、PC・タブレット・スマホ・ゲーム機を制限中ですが、それらは全てに当てはまるからです。


また、長時間のゲーム、携帯→勉強効果打ち消しなんて記事もあります。

『長時間のゲーム、携帯→勉強効果打ち消し 川島・東北大教授ら発表
 東北大加齢医学研究所の川島隆太教授(脳科学)らのグループは18日、「ゲームやパソコン、携帯電話を使用する時間が長い生徒は、長時間勉強しても成績が悪化する」との調査結果を発表した。調査は中学生が対象。川島教授は「学習した効果がゲームなどで打ち消されている可能性を示す、衝撃的なデータ」と説明した。

 数学では「30分未満しか勉強しないがゲームも全くしない」生徒の平均点が60点なのに対し、「2時間以上勉強するが、ゲームを3時間以上する」生徒の平均点は59点。勉強量に関係なく、ゲームなどの長時間使用が成績に悪影響を与えているという。1日1時間未満の使用では成績に悪影響がみられなかった。』

1日1時間未満の使用では成績に悪影響がみられなかった。な~んて出ていますが、1時間未満でも、5分と59分じゃエラい違いが出てくると思うwそれは置いといて…

以前、個人で塾を運営なさっている、とある辛口ブログのファンでいつも楽しく読んでいたのですが、その先生が「テレビとゲームをしているヤツはやっぱ伸びない。理由は、何故だか分からないけど、吸収力が落ちるというか、オブラートに包まれてるような感じで、勉強したことが身に付かないんだよ…」とボヤいていたのを思い出しました。ちなみに、そのブログを書かれていた時はまだスマホは普及していないです。

この「吸収力の低下」ってのが「勉強効果を打ち消す」ってのに当てはまるのだと思いました。一生懸命に勉強しているんだけど、その勉強の効果が減少してしまう。それは何で???



テレビの害1

すけさんのテレビ歴は、一応は産れた頃からになりますか。テレビは高い位置にあったので、すけさんは画面を見ることはなく、子供番組の音を聞くのが主でした。めいじばぴらすは昔からNHK教育が好きだったので、親がメイン(笑)いないいないばぁは、りなちゃんの時代から見てましたv1歳半頃でしょうか。友達からお古のこどもチャレンジのDVDを貰ったので見せてみると、いい調子で喰らいつきましたwしまじろうは(´_ゝ`)フーンでしたが、電車のシーンでの喰いつきが凄かったので電車のDVDを買い、テレビも見やすい位置に変えました。もうね、ず~っと飽きずにテレビにクギ付けだったので、こっちも仕事がはかどるし大助かりでした。

すけさんが年少の頃になると、一人遊びができるようになったし、仕事に集中したい時はやっぱテレビはうるさかったので、テレビの稼働率が落ち、そのうち殆ど見なくなりました。毎週楽しみにしていたサンデル教授の白熱教室が終わったので、自然とテレビから離れたように思えます。すけさんはテレビを見たかったのかもしれませんが、なんせ言葉が話せなかったので(爆)意志疎通の困難な親子ww

震災の時にはテレビをつけましたが、すけさんが異様に怖がったので、テレビもラジオもNGでした。(すけさんが寝た後にこっそり見ました)こうしてすけさんは、保育園でたまについてるテレビと、音楽教室や空手教室の教材DVDを見る時、おばあちゃんちで見る以外はテレビとは無縁の生活入りました。


すけさんが小1の2月の時です。おばあちゃんちに用があったので、すけさんを連れて行きました。ちょうど、ソチオリンピックの開催でテレビでスキーの中継がやっていたので、すけさんはそれを見ていました。大人はテーブルでお茶タイムです♪暫く経って、ふと、すけさんの方に目を向けました。そこで見たすけさんは…


無表情で、微動だにもせず、石みたいに固まりながら、テレビだけをじっと見つめていました。


まるで、すけさんの魂がテレビに吸い込まれて、そこには抜け殻しかないように思えました。

あまりの姿にこっちまでボーゼンとしてしまいましたが、運よくスキー中継が終わったのでテレビを消すと、すけさんは初めはボーっとしていましたが、だんだんと動きが出てきて、やがて元に戻っていきました。
この出来事は本当に衝撃的でしたが、同時にどこかで見た光景だと感じました。


どこで見たんだろう…?ああ、思い出した。アレは、あの光景は、電車のDVDにクギ付けになった、小さなすけさんと同じだ…


私は、自分の子以外の1~2歳くらいの子が、テレビにクギ付けになってる姿を何度も見たことがあるので、それは普通の行動だと思っていました。小さな子は、周りをじっと見ながら様々なことを覚えていきます。テレビも同じで、興味があるから映像をじっと見つめ続ける。そう思っていました。そうして、だんだんとテレビに慣れてきたら、テレビを見てても他の行動に移れるようになっていくのだと。でも、すけさんは違いました。テレビにクギ付け期間を過ぎ、テレビに慣れた頃にテレビ断ちをして何年か経って、久々にテレビを見たら、またテレビにクギ付け期間に戻っていた…

すけさんをこんな風に育ててなかったら、絶対に分からなかったと思います(苦笑)



プロフィール

めいじばぴらす

Author:めいじばぴらす
~ 登場人物 ~
すけさん@小5男子
もょもと@黒ぬこ♂
アイリン@白ぬこ♀

ふしぎなぼうしを落とすまで
メイジバピラスを狩り続けます。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。